スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

全国3箇所で写真集が展示されます!  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

毎日梅雨空がつづき、、、
お天気に引きずられ、なんとはなしにどんよりした気持ちに

そんな時、心をぱぁっと明るく照らしてくれるお便りが舞い込みました

フォトブック作成サービスの Photoback 社のイベントにて、過去に制作した写真集『おばあちゃんち』全国3箇所(東京・大阪・名古屋) にて展示されることになりました

DSC00702a.jpg
写真集『おばあちゃんち』より

『セレクション & インスタグラム展』

Photoback 社のスタッフが気になる作品をご紹介する「STAGE」のセレクションから220点の作品が勢揃い!

国内最大級のフォトブックだけの展示会。

〇7/15(水) ~ 7/26(日) Photoback LiBRARY(東京・神保町)
[平日] 7/15(水)、22(水)  15:00~19:00
[土日] 7/18(土)19(日)、7/25(土)26(日) 12:00~18:00

〇8/3(月) ~ 8/16(日) アクリュ(大阪・心斎橋)
展示時間:12時~20時
定休日:水曜日

〇9/12(土) ~ 9/23(水) セアン(名古屋・栄)
展示時間:11時~20時
定休日:不定休

詳細はこちら
http://blog.photoback.jp/blog/news/event/3818


公開しているので、ネット上でも見て頂けるんですが、他の作家さんの作品もたくさん見れるそうなので、興味のある方は是非会場で写真集を手に取ってみてくださいね!

DSC00693a.jpg
写真集『おばあちゃんち』より

住み手がいなくなって久しくなっていたこのおばあちゃんち、しばらくは定期的に娘さんが通って風を通してましたが、今年のはじめにとうとう解体されて更地になってしまいました。

全国的に空き家が増えメンテの面などで問題になってきており、そのままで置いておくはますます難しくなりつつあるようですが、、、

物理的な形としてのおうちがなくなってしまう前にこういう形にしておくと、写真集をめくる度に”当時”の空間、時間へタイムスリップ出来ていいですね。

もしもうみね娘にお手伝いが出来ることがあれば、嬉しいです

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: <お知らせ>

tb: 0   cm: 0

ストーリーフォトブック 「あなたと織る夢」  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

海に行きたくなるような、そんな夏日の大阪です
というか、ほんまに海行きたいっ

しばらく前に、この春撮影させて頂いた結婚式のストーリーフォトブックを納品させて頂きました。

昨秋、うみね娘が毎年出展している写真家集団 ni to oi (ニトオイ)の写真展で作品を観て頂いたことがきっかけで撮らせて頂きました。

DSC_6139_a.jpg

会場は、おふたりの想い出の地、神戸。
訳あって、二度目のプロポーズの地です

詳しくはコチラ写真集「あなたと織る夢」でご確認を

DSC_5329_a.jpg

披露宴中、ご親友と中島みゆきさんの「糸」をピアノで連弾された新婦さま。

DSC_5852.jpg

世界は広く、こんなに沢山の人がいるなかを、彼と奇跡的に出逢えたという感謝の思いをこの曲に託されました。

なんというか、本当に感性が似ていらっしゃって、ここまでピッタリなカップルも珍しいのでは?
と思うぐらいとてもお似合いのお二人

今回の写真集は、そんな新婦さまのお気持ちになぞらえ、「糸」をキーワードにストーリーを仕立ててみました。

DSC_5765.jpg

新婦さまから寄せられたご感想です↓

昨日、写真集とDVDが届きました!
ありがとうございますm(_ _)m
またまた感動が蘇り、
この時期を振り返れて、
良かったなあ^ ^
その時より
中身の濃い、充実した
至福の時を刻んで行こう、
そう、思えました。
とっても素敵な
ラッピングに心踊りました!
親も60過ぎですが、この写真集の姿が若く映る日もくるかと。
大切な大切な本になることだと。


有難うございます

実は納品前に、サンプル版を一部お送りし、内容をご確認頂いたのですが、ご返却頂いた際に写真集を汚してしまったことへの詫び状が付いていました。

汚れというよりも開けぐせがついていて、どの頁を熱心に見ておられたのかが分かっちゃいました。
もちろん、そんなことは一向に構いません。

なんでも嬉しくて、お散歩へ行く際や、ご近所へお食事へ行かれる際も持ち歩き、ダーリンに呆れられるほど何度も何度もサンプルを開けてくださっていたそう。 

そこまで気に入って頂けるなんて、冥利に尽きますよね
嬉しいです

DSC_5751.jpg

さて披露宴に戻りますが、ガールズのピアノ演奏に対抗して
新郎側は電飾ボーイズの皆さまが長渕剛さんの「乾杯」で文字通りパーティの終盤を飾ってくださいました。

_DSC5651.jpg

足元にはカンペが・・・(笑)

DSC_5917.jpg

中島みゆきさんの「糸」に出てくるキーワード しあわせは”幸せ”ではなく”仕合せ”という漢字があてられています。

”幸せ”とは少し意味合いが異なり、良いこと悪いことの両方を含んでいるそうです。

長い結婚生活、時には嵐がやってくることもあるでしょう。
だけど、力を合わせて強い強い糸、布を織りなしていって欲しいな、そんな思いで写真集を締めくくったのでした。

どうか、末永くお幸せに

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: ┣ 写真集実績

tb: 0   cm: 0

ご来場ありがとうございました! 春夏展@大阪枚方 カフェM ♪  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

4/7 ~枚方のカフェM併設ギャラリーにて開催しておりました『春 めぐり 夏へ ただよう展』は、おかげさまで好評のうちに終了致しました。

決してアクセスが良いとは言えない会場に、思いのほかたくさんの方にご来場頂き、一緒に展示した近藤ともども感謝の気持ちでいっぱいです。 本当に有難うございました 

また、うみね娘の急な体調不良により、会期途中に在廊出来ない日が続いたり、多くの方にご心配をおかけしてしまいました。 この場をお借りしてお詫び申し上げます (安静の結果落ち着き、現在は日常生活へ戻っております。)

私たちにとって、これまで縁のなかった枚方という土地、そしてカフェに併設されたギャラリーで展示をするというのは初の試みではありましたが、あまり接点のなかったご近所の方々、幅広い年代の方々に作品を観て頂けました。

また、普段いらっしゃない新しいお客さんにご来店頂けたと、カフェMの中村さんに喜んで頂けました

思ってもみなかった相乗効果でした!
皆さま、これからもどうぞカフェMをご贔屓に願いますね

さて、残念ながら来れなかった皆さま、もう一度展示を噛みしめたい皆さま!?へ、写真をアップしておきます。

DSC_6153_a.jpg
(近藤寿美子 Water lily)

DSC_6149_a.jpg
(近藤寿美子 Water lily)

DSC_6147_a.jpg

DSC_6159_a.jpg
(野寺摩子 春を 想う)

近藤は2011年度のニトオイ展に発表した作品より、私、野寺は2011年度に大阪市の GALLERY wks. にて発表した個展から一部を出展しました。 (2011年 発表当時のことを、アートライターの小吹さんがブログに書いてくださっていました。 → http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/2011-11-14.html)

以前にもここで書きましたが、『春を 想う』は鬱を克服するきっかけとなった作品。
また、肩の手術後に頑張る力をくれた作品でもあります。

そのこともあってか、何人かの方に、
「爽やかなのに、力強い生命力を感じる」
という感想を頂戴しました。

そんな思い入れのある作品を、またこうやって観て頂けて、本当に嬉しいのでした

そして、会場のカフェMの軒先に偶然見つけたもの、それは、、、

IMG_6622.jpg

分かりづらいとかもしれませんが、ハナミズキの若木です
小さいですが、一輪のピンクのつぼみをつけています。

ここ枚方市では、出産するとお祝いとして市からハナミズキの苗木を贈られるんだそう。

この若木は、日曜日のベトナムカフェを担当しているレンさんが贈られたものなんですって!

「まだまだこれからやで

そう言われているような気がしました。

ハイ、頑張りますです
これからも、お客様の気持ちに寄り添っていけるような写真を撮っていきます

この若木もやがては大きくなって、ご近所の誰かに生きる力を与えてくれたらいいなぁ。
かつての私が励ましてもらったように

肌寒い春の日が続きましたが、、、

IMG_2723.jpg

我が家のハナミズキもぼちぼち開花し始めました。
連休が終わる頃まで楽しませてくれると思います。

そろそろお天気も回復傾向なんでしょうか。

皆さまにおかれましても、元気に楽しく連休を満喫してくださいね

それではこの秋のニトオイ展も、近藤ともどもよろしくお願い致しますね

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: ┣ 写真展

tb: 0   cm: 0

明日 4/7 から! 春夏展@大阪枚方 カフェM♪  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

昨日は、あいにくの雨のなか、枚方のカフェMさんにて写真展の搬入作業がありました。

IMG_2670_a.jpg

と、その前に

腹が減ってはなんとやら、一同正午ごろに集合して先に腹ごしらえをすることに。

奇しくも昨日、日曜日はベトナムカフェの日。
日曜日だけ、ベトナム人のレンさんがやってきて、ベトナムご飯を作ってくださるのです。

ベトナムご飯をお目当てに、昨日のカフェは満席でした。

今月のメニューは、コレ

IMG_2671_a.jpg

とコレ

IMG_2673_a.jpg

ベトナムのお好み焼きと麺です。
お好み焼きは、ウコン粉入りの鮮やかな卵焼きには、お肉やエビが入っています。
小さく切って、魚醤で味付けした人参と大葉と一緒に葉っぱに巻いて食べます。
なんともからだに優しい一皿。

そしてベトナム麺。
あっさりした、やさしいちょっぴり塩味のスープは、なんとレンさん自身が、海産物の干物からお出汁をとっているんだとか

魚醤や海産物は、ベトナムから取り寄せるというこだわりよう、参りました~

ちなみに、ベトナム料理に使っている食器類もベトナム製なんだそう。

食べてみたくなった方、日曜日にカフェMまでいらしてくださいね 午後2時までの限定メニューです。

ということでお腹が満たされたうみね娘たち、カフェの階下のギャラリーへ移動し、ぼちぼち搬入作業をスタート。

IMG_2686_a.jpg

IMG_2685_a.jpg

このギャラリーを使わせてもらうのは、実は私たちが初めて。 (こけら落とし展示です)
なのでまっさらなのですが、こんな綺麗な壁に釘を打ち付けるのはなんだか恐れ多かったです。

搬入作業は約2時間で完了。

そして、腹ごしらえ。。。(← えっ、またですかぁ?)

ホームメイドのアップルパイと、ベトナム珈琲を頂きました。

IMG_2680_a.jpg

とても気さくなカフェMの中村さん、心をこめてベトナム珈琲を淹れてくださってます。

IMG_2679_a.jpg

そして、一見黒ビールのような飲み物の正体は。。。
このお店オリジナルのアイスベトナム珈琲

泡までしっかり珈琲味
ここでしか味わえない一品です。

レンさんのベトナム料理は日曜日の2時までの限定メニューですが、ベトナム珈琲は定番メニューでいつでもあります。

気になった方は、是非ご賞味くださいね

肝心の私たち在廊予定を

4/7 (火) 昼頃 ~ 午後5時頃 ※うみね娘(野寺)のみ
4/8 (水) 昼頃 ~ 午後4時頃 ※うみね娘(野寺)のみ
4/11 (土) 昼頃 ~ 午後4時頃
4/12 (日) 昼頃 ~ 午後5時 ※午後2時より ティーパーティ
4/18 (土) 昼頃 ~ 午後5時
4/19 (日) 昼頃 ~ 午後5時


私、うみね娘(野寺)は4/14~17の平日のどこかで行く心づもりにはしていますが、本日現在未定です。

土日はもう一人の作家、近藤も在廊を予定しています。
是非会いに来てくださいね

開廊時間、アクセスなどの詳細は、コチラをご覧ください
http://kasyatto.blog.fc2.com/blog-entry-106.html

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: ┣ 写真展

tb: 0   cm: 2

過去からの贈り物☆  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

待ちにまった桜が満開
ですがめぐみの雨も、今日ばかりはちょっぴり恨めしいですね~

さて、先日起き抜けに寝ぼけまなこでフェイスブックのタイムラインをチェックしていたら、、、

留学時代にお世話になったホストファーザーにそっくりなドローイングが表示されました。

あら、まぁ、そっくり!
プロフィール画像をこれに変えたの?


くらいに思っていたら、なんとうみね娘がその投稿にタグづけされているではありませんか。



読み進めると、なんとそれは約25年ほど前にうみね娘自身が描いたポートレートだったんです

11061309_10152756089274205_290160993327930855_n.jpg
(↑ホストファーザーのフェイスブックより拝借)

なんとなぁく、思い出してきました。

うみね娘、留学当初は英語が全然話せませんでしたので、タイピングやアートなど、比較的語学力を要しないクラスを履修していたのですが、これは宿題の一環で描いたもので、その後ご本人に贈呈したのでしょう。(←あいまいやな。。。)

誰を描いたものなのかがすぐわかったので、結構似ていたんだと思います。

このホストファミリーのご夫婦、当時お子さんのいない20代のカップルだったのですが、お二人には本当にお世話になりました。

うみね娘にとっては、2つめのホストファミリー。

実は最初のホストファミリーとはあわなくて、それでも一生懸命馴染もうと努力をしていたのですが、ある日学校から帰ったら荷物を纏めるように言われ

慣れない学校生活、異文化でのストレスで学校から帰るなりいつも夕食までバタンキューだったのですが、理解してもらえずに、

「お前はアメリカに寝に来たのか」
と言って、突然追い出されたのです


不安とショックで泣くばかりの、当時16才のうみね娘。
次の受け入れ先が決まるまでと連れていかれたのが、このポートレートのホストんち。

少しして落ち着きを取り戻したうみね娘は、お世話になっているお礼にと、夕飯の支度をしていた彼のお手伝いをすることに。

その日のメニューはマカロニ&チーズでしたが、うみね娘、マカロニを混ぜながらマカロニに纏わる幼少期の思い出話などを拙い英語を駆使して話したところ、、、

(幼稚園で出された弁当給食のマカロニサラダが激マズで、椅子の下に捨てて帰ったら早速先生にバレてうちに電話がかかってきたというお話)

話がおもろい

という展開になり、そのままその家に置いてもらえることになったのでした。

正に、捨てる神に拾う神。

そこも、結局彼の仕事の都合で数か月後にはまた別のおうちにお世話になることになりますが、それまではこのホストにとーっても可愛がってもらい、ようやく学校にもなじむことが出来たのでした。

それよりも、この投稿に寄せられたコメント

「毛がある。。。」って!
国が変わっても、見るところは同じなんですね~

お父さん、薄毛になってるんや。

また是非再会したいなぁ

過去に残してきたポートレートで、思わずほっこりさせられたうみね娘なのでした。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: ┣ とんでも留学記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。