こ、これ、まるで○○やんっΣ( ̄ロ ̄lll)   

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です


些末な日常のあれこれに囚われ、揺れて、ブレる我が心。
対して大空を縦横無尽に飛びまわるウミネコたち。
「今」、この瞬間を力強く生きる彼らの翼に我が心を託し、
解放すべくシャッターを切ってみた。


今度 MIO PHOTO OSAKA にて展示する作品『空を抱きし者たち』のコンセプトです。

作品を制作する時、最初に表現したいことが分かっている時とそうでない時があります。
この作品の場合は後者、なんでウミネコに魅かれるのかが分からないままシャッターを切り続けていました。

作品をまとめる段になって、ウミネコたちの、今ココを生きる姿に強く惹かれたのだということが分かりました。

只今、今年新しく撮り足したイメージを前に、ミオ用の展示プランを練り中なのですが、、、

IMG_2212[1]


うーん、こ、これ、まるで以前テレビで観たチベットの鳥葬やん

鳥葬、ご存知でしょうか?

Wikipedia によると、鳥葬とは、

『チベット高地に住むチベット人にとって、最も一般的な葬儀方法。葬儀に相当する儀式により、魂が解放された後の肉体はチベット人にとっては肉の抜け殻に過ぎない。その死体を郊外の荒地に設置された鳥葬台に運ぶ。それを裁断し断片化してハゲワシなどの鳥類に食べさせる。これは、死体を断片化する事で血の臭いを漂わせ、鳥類が食べやすいようにし、骨などの食べ残しがないようにするために行うものである。』

なんだそうです。

簡単に言うと、鳥が魂を空高く運ぶ、そんなイメージなんでしょう。
初めて映像を観たときは、結構ショックを受けました。

そしてここへ来て、また新しい気付きがありました

今ココ以外に、浄化させたい過去もしくは想いがあることに。

私にとっては、これはすごい発見

こんな風に、私にとって写真は、時に自分と向き合うための道具になります。
葬り去りたいものがなんなのか、作業しながら自分と向き合ってみたいと思います。

皆さまも、12月は手放したい思いや過去を成仏させに天王寺にいらしてくださいね

ウミネコさんたちが、あなたのこころを解放してくれますよ。

MIO PHOTO OSAKA 2014
2014.12.3 - 12.7


有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

スポンサーサイト

category: ┣ 写真のおはなし

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kasyatto.blog.fc2.com/tb.php/99-db7bc32a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ