スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

こいぬのこころ、我知らず  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

前回に引き続き、ケンちゃんネタです

犬太郎ことケンタロウ、ケンちゃんはうみね娘の実家に来た初めてのわんこでした。

それまでうちに来た動物は、鳥類(チャボ、インコ、文鳥、九官鳥)やウサギといった、毎日の散歩の必要がない、比較的手のかからない動物がほとんど。

両親は共働きでしたし、それなりの事情があってのことです。

全く動物のいない生活が2年くらい続いたある日、母がまだ小さかったケンちゃんを連れて帰ってきました。

それはそれは、わくわくする瞬間。

ガツガツ元気にごはんを食べ、いたずらをし、常に動きまわる姿にうちの中がとても明るくなりました。
父も、仕事帰りにパチンコへ行く頻度が減りました

感情が豊かで、外に出たり、家族以外の人と接触するわんこは、それまで飼っていた動物たちとは違ってしつけが必要でした。

ということで、うみね娘は他のケースと同様、分からないことはマニュアル本を読んでカバーすることにしました。

IMG_0222.jpg

その本には”犬に舐められているバカな飼い主”のことが書いてあり、どうしたらバカにされないかということが書いてありました。

例えば、飼い主の帰宅時にじゃれてくるわんこ。
その本によると、これは完全に飼い主のことをバカにしている態度なんだとか。 

それはいかん!

と思い、早速本に書いてあった通り、ケンちゃんが足元にじゃれついてきても無視を決め込みました。

すると、、、

その晩はいつになく、ものすごぉく機嫌が悪くなってしまいました。。。

無視したことで、ケンちゃんの小さなこころを傷つけてしまったようなのです。

飼い主を迎えに来て喜びを表現することが、なぜバカにすることになるのか。

本に書いてあることを鵜呑みにせず、自分の頭でよく考えてみるべきでした(反省

人間でないから、赤ちゃんだから、言葉が通じないから気持ちが通じないなんてことないんですよね。

モノのように扱うなどもってのほか、ちゃんと向き合って接することが大事!


改めてそのことを気づかせてもらった出来事なのでした。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png
スポンサーサイト

category: ┣ うみね娘、元気の素

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kasyatto.blog.fc2.com/tb.php/95-f714838a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。