スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あなたの色に♡  

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆
ni to oi 2014 Autumn はちかいめ展に参加します!
logo_a.jpg
http://nitooi.hatenablog.com/
☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

さて、一通り写真の加工方法について書きましたが、今日は肝心なプリントのお話を。

皆さんは、フィルムだったら同時プリントであがってきた色、デジタルでもお店プリントや自分でプリントアウトしたその色が全てだと思ったりしていませんか

ぢつわ、、、

うみね娘もそう思っていました
暗室で、実際に自分で現像するまでは。。。

フィルムの場合も、デジタルの場合でもいじり過ぎると変な色になっちゃいますが、自分好みの色にかなり調整できちゃいます。

IMG_2059 - コピー

これ、今回のグループ展に出展する作品の一部です。
お姉ちゃんがパパに晩酌してあげるシーン、デジタル一眼レフで撮影しています。

本番の大きいプリント用に、まずはL判にて少しづつ色をあわせていきました。
全体的にバランスがとれるよう、バラバラの色目の各プリントを調整しました。

左上の写真がノーマルでそのままプリントした場合の色ですが、露出を上げてもらったり、赤味を引いてもらったり。

どうでしょう、少し色味が違うだけで受ける印象がかなり変わると思いませんか

IMG_2060 - コピー

あがってきたプリントは、目視で確認もしますが、こういうカラーフィルムをプリントする際に使用するフィルターで透かして見たりもします。

・・・だんだん、目がおかしくなってきまっせ

自分でプリントしていた時は、これでプリントを見て、引き伸ばし器のイエローやらマゼンタのフィルターの濃さを調節していました。

(引き伸ばし器 = フィルムの絵を印画紙に映し出す器械のこと)

5年前に発表した作品『まなざし』
この時は自分の子ども時代を重ねつつ、大人になった目線で振り返るというテーマだったので、色褪せた雰囲気を出したくて少し黄色味がかったプリントに仕上げてもらいました。

濃くしたり、薄くしてみたり、色目を変えてみたり、あなたの色を見つけてみてくださいね

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

スポンサーサイト

category: ┣ 写真の加工

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kasyatto.blog.fc2.com/tb.php/89-3101d9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。