セールス電話撃退法  

こんにちは、うみね娘(うみねこ)です
ご訪問、有難うございます

ちょっとヘビーな内容が続いたので、今日は息の抜けるお話を。

皆さん、会社でお仕事されてたら、色んな電話がかかってきませんか?

もちろん、昼間家に居てもそうなんですが
うみね娘母は、そういう電話やセールス目的の訪問には必ず、

「今天ぷら中

と言ってシャットアウトしてました。

まさか、会社で「今天ぷら中」と言う訳にはいかないので、今日は私が実践していた撃退法を伝授しましょう。

平日の昼間、よくかかってくるのが先物かなにかのいかがわしい電話。

マニュアルでもあるのか、彼らは大概はカタカナの社名の後に、

「社長、お願いします」

と大胆不敵な指名をしてきます。

ま、社長と言ってもピンキリやと思いますが。

彼らの中では、

社長(もしくは偉いさん)= ええ鴨

なんでしょうね。

しかし、そんな電話を上司に取り次いで仕事の手を止める訳には参りません。← みょ~な使命感

そこで、うみね娘は考えました。

「あのう、、、私どもはドイツの企業でございまして、社長もドイツ人なのです。従いまして、ドイツ語しか話しませんが、それでもよろしければお取次ぎ致します。よろしいでしょうか?」

※ドイツ語というのがミソ。英語だと、今日日話せる人多いんで。

大概のセールスはここで

「うっ」

となってすごすごと退散してくれます。

しかし

中には優秀なセールスの方も2~3年に1人くらいいらっしゃって、

「では、日本語の出来る、社長の次に偉い人をお願いします」

と来る訳です。

今度はうみね娘が「うっ」となる番ですが、負けてられません。

「わ、わたくしでございます」

「・・・・・・・(絶対ウソやろという沈黙の後)では、弊社の○○を案内させてください」

あまりにも相手の反応が面白く、仕事が煮詰まった時などは、セールスの電話を待ち望んでいたうみね娘でございました。

ちなみに、当時の社長は本当にドイツ人でしたが、この方は京都大学院に留学し、卒業されるくらいスマートな方でしてかなりの日本語は理解されておりました。

よかったら、うみね娘式セールス電話の撃退法、試してみてね

「うち外資系ちゃうし」という方は、適当にアレンジしてみてください。

<オリジナル写真集制作> 
あなたの想いを写真で紡ぎます

wadamako_logo_ok_07.png
スポンサーサイト

category: ┣ お仕事です!

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kasyatto.blog.fc2.com/tb.php/8-b92c126f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ