あの頃、わたしは暗かった ~どん底からの抜け方 前篇~  

こんにちは、うみね娘です

すっかり春めいて参りましたね。

寒い間に体がなまってしまったうみね娘は、普段は車で行く買い物を、頑張って徒歩か自転車で行くことにしました。

時間はかかりますが、歩きか自転車だと、スピードが違うために目にする景色もまた違い、色んな発見があったりします

うみね娘の写真仲間 Kさん は、

「ある時、ふいに撮りたいものが降ってくることがある」

なんて言ってましたが、こんなスローな時間の中に出会いがあったりするものなのです。

そう、うみね娘が2回目の個展のテーマにした「ハナミズキ」に出会ったのも、5年前のこんな普段のゆったりとした時間の中でのことでした。

ハナミズキは、北アメリカ原産の白やピンクの花木で、桜の終わるちょうど今ぐらいの季節から芽吹きはじめ、連休が終わると同時ぐらいに花も終わります。 1912年にアメリカのワシントンDCへ桜を贈った際、1915年に返礼として日本へハナミズキが送られたのが始まりのようです。 原産国のアメリカでは、"dog tree" と呼ばれているようです。

街路樹でよく使われているし、歌や映画のテーマにもなったりしているので、ご存知の方も多いことでしょう。

うみね娘のかつての通勤路、駅前の目抜き通りにも植えられていたのですが、、、

そして、何年も、毎日毎日その前を通っていたのですが、、、

うみね娘はその存在に全く無関心でした

毎朝、ギリギリの時間に電車へ向かってその通りをドタバタと走り抜け、明るいうちに帰ってくることなどない生活だったので、街路樹に目をやる余裕がなかったんですよね。

そして5年前に、やっと、やっと可憐なお花の声をキャッチすることが出来ました

うっすらとしたピンクで、とても可愛らしく、燦々とした光の中で輝いて見えパチリと写真を撮らずにいられませんでした。

また、その存在に初めて気が付いたことにとても驚愕しました

もっと撮りたかったのですが、その時は行くところがあり、また脚立がなかったため(そう、うみね娘はチビなのです)、そのままその年のシーズンは終わってしまい、

「よしっ、来年は必ず撮るぞ」と胸に誓ったうみね娘なのでした。

IMG_7752.jpg

画像は、ハナミズキではなくミモザです。
この間、iPhoneで通りすがりに撮りました。

近寄ってみると、小さなぼんぼりのような花が連なってとても可愛らしいです

ですが、天気が悪かったり、出かける用事が重なったりしているうちに、旬が終わってしまいました。。。
もう既に茶色くなり始めています

来年の楽しみが出来たということで

この続きは次回に。

<オリジナル写真集制作> 
あなたの想いを写真で紡ぎます!

wadamako_logo_ok_07.png
スポンサーサイト

category: ┣ うみね娘取説

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kasyatto.blog.fc2.com/tb.php/6-a08c7abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ