写真集を作ろう! その6  

こんにちは、うみね娘です。
本日も、ご訪問有難うございます

では早速、昨日に引き続き、写真集を作る際に注意したいポイントについて書きたいと思います。

<文章の量>
写真集なので、文章が要らないと言えば要らないのですが、、、
多少文章が入っていると親切ですね

ただし、当然ながら写真集は写真が主役です。
そのため、文章量は必要最低限に抑える方が好ましいように思います。

文章があまりに多いと、写真が添え物のようになってしまいます。
また、言葉に引っ張られ、写真を見て自由に感じたり、想像の翼を広げるということを邪魔されるかもしれません。

う~、翼の折れたエンジェ~ル~

あっ、ご存知ないですか?
中村あゆみの歌です。 年がバレますね

本題に戻り、、、
小説ならそれでいいのですが、写真と文字のバランスに気を付けましょう。

<漢字&ひらがなの比率>
うみね娘は、漢字とひらがなの比率にも気を配っています。
漢字ばかりだと、おかた~い印象になってしまいますし、読みづらい場合も。
同じ文章でも、漢字を使ってみたり、ひらがなにしてみたりして見た目を確認してみましょう。

<文章の正確さ>
せっかく選び抜いた写真でバッチリ構成しているのに、、、
誤字・脱字があったりしたら格好悪いですよ。

バシッとブランドもんのスーツで決めてデートに挑んだのに、鼻毛が出ていたみたいな

あはっ

うみね娘も、たまにやっちゃいますが、、、
鼻毛ちゃいますよ、文章の間違いですよ

写真集ではありませんが、過去に観た展覧で、写真に添えられていたキャプションのスペルが間違っていたり、単語の途中で改行されていたりなんてことがありました。 そうなると、作品よりも間違い探しに走ってしまい、まさに本末転倒ですよね。

横文字だと格好良い気がしてしまうもんですが、大事なタイトルを間違っていたという事例もありました。

(その1)
誤)SUN (太陽) → 正)SON (息子)

事前に気づき、未遂に終わりました。

(その2)
誤)BILL (請求書) → 正)BLDG. (ビル)

なにを隠そう、これ、うみね娘の旦那様の間違いです。
案内状を作り直したようですが、なにかの時のために『請求書』を大事に保存しているうみね娘でした。。。

話が逸れてしまいましたが、特にインターネットで発注する前には、よぉっく見直しましょうね

文章の校正については、こちらのブログも参考にしてみてください。

校正者がつっつく『じゅうばこの、すみっこ。』

へぇ~
なことが沢山書いてあって、楽しく読めちゃいます。

勉強になりますよ

あっ、この記事の文章長くなってしまいました

最後までお読みくださり、ありがとうございます

33080025.jpg
(写真集「まなざし」より)

<オリジナル写真集制作> 
あなたの想いを写真で紡ぎます

wadamako_logo_ok_07.png

スポンサーサイト

category: ┣ 写真集作り方

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kasyatto.blog.fc2.com/tb.php/17-d43437f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ