スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

散る花を追え!  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

うみね娘が参加するグループ展まで1ヶ月をきり、昨日は大阪市内へ出たついでに案内状を配りに行きました。

DM.jpg

近辺のギャラリーやメーカーのショールーム、専門学校などの情報コーナーに置いてもらえるよう、メンバーで手分けして持って行くのですが、うみね娘の主な担当は西区。

8月中ということもあり、半分くらいは夏休みなどで休廊されていましたが、ついでに展示を見たり、ギャラリーの方とお話しするのも、おつかいの楽しみ

そんななか、最後に訪れたのが肥後橋にある、こちらのギャラリー。

コウイチ・ファインアーツ

現在展覧会はやってませんでしたが、常設の展示を見ることが出来ました。

4月中に開催されたという、山江真友美さんの『- 散る花を追う』展の作品の一部。

IMG_9158 - コピー

少しジョージア・オキーフを思わせる、なんともたおやかな作品。

絵の印象から、勝手に作家の方は50代くらいの成熟した女性だろうと思っていたのですが、、、
なんと、32才の、それも可愛らしい感じの女性が作家さんとのこと。

絵のモチーフは、実在の植物ではなく、作家の山江さんのイメージにある”女性性”を具現化したものなんだそう。

(頭の中、拝見してみたいですね

また、一枚一枚の絵に”人物像”が設定されているというから驚き

実際作家さんにお会いしてお話ししてみたかったな。

そして、このシリーズの中から一点、この春出版された辻仁成さんの新著『醒めながら見る夢』の表紙デザインに採用されたんだそう

採用秘話も聞かせてもらいました。

これからどんな風に変化されるんでしょうか
是非次の展示にはお邪魔したいと思うのでした。

気になられた方は、是非下記まで足を運んでみてくださいね。
(事前に開廊されているか問合せをしてね!)

コウイチ・ファインアーツ
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-7-13
1-7-13 Edobori Nishiku Osaka 550-0002 Japan
Tel 06-6444-1237
Fax 06-6444-1375
E-mail info@kouichifinearts.com


有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

スポンサーサイト

category: ┣ ギャラリーあれこれ

tb: 0   cm: 0

ラッキーを引き寄せるコツ☆  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

台風とともにスタートした九州への旅。
とうとう最終日となりました。

今日は指宿を発ち、一気に福岡の新門司を目指します。

400キロあります
距離感なくなってましたが、大阪からだと伊豆まで行けてしまう距離なんですね

ここ指宿に来てから、うみね娘にはずっと気になっていたことがありました。

それは、、、

IMG_5203.jpg
(大うなぎの池田湖から臨んだ開聞岳)

薩摩富士とも呼ばれる、開聞岳の全貌をまだ拝ませてもらってないっ

開聞岳は標高約1000メートルの火山でありながら、周囲に遮るものがないため、頂きにかさをかぶっていることが多いそうなのです。

滞在中、天気が不安定なこともあってか、全貌を見せてもらえないままとうとう最終日を迎えてしまいました。

IMG_5898.jpg
(長崎鼻あたりから臨んだ開聞岳)

「あ~ぁ、とうとう見られへんかったなぁ。。。日頃の行いが悪かったんかな

また来ることもあるかな、そう思いながら朝ご飯を食べて3泊お世話になったキャンプ場をあとにし、気になっていたマンゴー直売所へ行ってみることに。

やはり温暖な鹿児島、南国ムード漂う植物が多かったのですが、南国フルーツも盛んに栽培されているようなのです。

と、そこで奇跡が

IMG_5249.jpg

なんとぉ、最後の最後に姿を現してくれました

帰る直前に、しかもほんの少しの間だけ。
(20分後には再びかさ雲が)

神さま、有難うございます

台風の騒ぎのなか無事出発、そして終盤の美しい薩摩富士。
私にとっては奇跡にはじまり奇跡に終わった、祝福された旅路でした。

喜びごとがあった時、盛大に喜んでおくと、また喜びごとを授けてくださるそうですよ

これ、強運の持ち主に直接聞いた秘訣ですが、そっと教えちゃいます。
皆様も試してみてください。

IMG_4475.jpg

長崎鼻の土産物屋で売られていたドラゴンフルーツです。

IMG_1446.jpg

1個600円、おばさんが冷えたのをカットしてくださいました。
あっさりしていて美味しかったです。

鹿児島、また是非再訪したいです。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 2

終戦記念日は知覧で。(2)  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です。

終戦記念日に知覧をたずねた私たち。
ここを素通りするわけにはいかないでしょう。

富屋食堂
知覧特攻平和会館

そう、鹿児島知覧は、戦中、特攻隊が飛び立った基地があったのです。
お茶の産地としても有名な知覧、広い茶畑も、その昔は滑走路だったようです。

沖縄が制圧され、同盟国のドイツが降伏したということもあり、敵国が集約し、本土へ上陸されるのは時間の問題と思われていました。

そんななか、沖縄に近いここ知覧より特攻隊員が飛び立ち、飛行機もろとも敵機に突っ込んでいったのでした。

富屋食堂は軍部指定の食堂で、特攻の母として慕われた「鳥濱トメ」さんが営む食堂。
そうして最前線に特攻隊として出撃する兵隊さんたちに対し、トメさんは本当のお母さんのように接していたといいます。


その昔、高校2年生だったうみね娘は、留学先のアメリカでこんなことを言われたことがあります。

「わたしの親戚で、突っ込んできたカミカゼの犠牲になった者がいる。」

・・・・・返す言葉が見つかりませんでした。

IMG_4391.jpg
(平和会館の外に展示されている飛行機。 特攻隊をテーマにした、高倉健さんが主演の映画「ホタル」にて使われたものです。)

富屋食堂、知覧特攻平和会館とも、遺された遺書や特攻隊員の写真で埋め尽くされていました。

教科書とは違う、リアルな戦争の記録の数々。

中には、この戦争で日本が負けると確信していたのに飛び立った者もありました。
無駄死にになるかもしれないとわかっていながら突撃しなければならなかった胸中を想うと、とても苦しくなりました。

IMG_9373.jpg

しかし、学校で習ったり、テレビの特集なんかで見知っている感覚とのズレをとても感じてしまいました。

現在の高校生や大学生の年齢が大半だった特攻隊員、写真を見ると、カメラの前では生き生きとしてにこやかで、中には今だったらコンビニの前あたりでたむろしていそうな男の子もいます。

軍服を着ていなければ、学校か職場で撮ったのかと思うぐらいです。

「まるで実感がない。とても元気だ。」と、両親あてに綴った突撃前の遺書がありましたが、死に行くというよりも、この国を、愛する人たちを守るという高揚感の方が勝っていたのかもしれません。

おびたたしい数の、軍服を着たポートレート。

どのタイミングで撮影されたのかは分かりませんが、、、

多くが、「俺がこの国を守っている」
と言っているように感じてしまいました。

留学先で投げかけられた一言、高校生だったうみね娘も同調し、なんて野蛮でクレイジーなんだ!と思っていました。

ですが、すぐそこに敵が迫っており切羽詰ってたとしたら・・・
生まれ育った故郷が焦土化して、親兄弟や友だちが無残な殺され方をするかもしれないとしたら・・・
それしか、敵を防ぐ方法がなかったんだとしたら・・・

もしかしたら、その時代に生きる男子だったならば、自分も志願していたかもしれない。

そう思いました。

今日ここへ来なければ、そんな風に感じることはなかったんでしょうね。
しかし、展示側の意図として、本当は違う風に感じて欲しかったのではという気もしています。

でもやはり、写真は嘘をつけないのですね。

愛国心は必要ではありますが、爆弾抱いて敵に飛び込むなんてことしないで済むよう、戦後70年近く守り通してきた平和を次の世代に確実に引き継いでいきたい、またそれが戦争で命を落とした先人たちへの供養になると強く思いました。

平和会館の語り部のおじさんの、

「平和は空気のようにタダではないのです。 維持するためには大変な努力が要ります。 現に、今も世界のそこここで戦火があがっています!」

という言葉が印象的でした。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png




category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 2

終戦記念日は知覧で。(1)  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

南鹿児島を満喫していたうみね娘たち。
今年の8/15は、お茶で有名な”知覧”という場所で過ごすことにしました。

去年飲んだ知覧茶が美味しかったので、買い足したかったのもあります。

知りませんでしたが、知覧には武家屋敷が立ち並ぶ一角があり、何軒かが立派な庭園を有料で公開しています。

IMG_4335.jpg

IMG_1367.jpg

庭園と言っても、京都にあるようなそれとは趣きがだいぶ違います。
南国情緒があり、おおらかでダイナミックな感じ。
遠方にある山を借景として上手に活かしていました。

この一角には、素敵な和風雑貨のお店や、郷土料理を出してくれるお店なんかもありましたが、おそらく焼酎で煮込んだと思われる豚の角煮と、九州ならではの甘い味付けの煮物がゼッピンでした!

IMG_5807.jpg

街中の水路には、たくさんの錦鯉が。
近くの学校の生徒さんたちが、卵から育てて放流しているそうです。

IMG_8113.jpg

こんなに優雅な時間のながれる知覧、ほんの半世紀と少し前は戦争の悲しい舞台となったのでした。

つづく。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png





category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 0

モンサンミッシェルで、ウユニ塩湖ごっこ!?  

カシャット写真館のブログへいらっしゃい。
あらぁ、しばらくぶりねぇ~

IMG_3214.jpg

変な出だしですが、、、
この色っぽいおねえさんは、知覧の武家屋敷の一角にいらっしゃいました。

さて、旅のメインだった発電所跡をあとに、鹿児島県の南端、指宿まで一気に南下した私たち。

IMG_8298.jpg

薩摩富士とも呼ばれている、開聞岳の麓のキャンプ場が今日からのお宿。

洗濯乾燥機完備、抜群のロケーションです
お世話になりま~す。

雨が降ったり、やんだり、陽が射したりと忙しい天気の合間を縫って、翌日、こんなところに行ってきました。

IMG_0888.jpg

知林ヶ島という、干潮の少しの間だけ道が現れ歩いて渡れるという、まぁ、日本のモンサンミッシェルのような場所です

島までは約0.8キロなんですが、砂に足がとられ、なかなか進みません

満潮の時は繋がる左右の海ですが、左右で砂や波の性質が違っていたのが興味深かったです。

干潮の時刻より少し早目に歩き出したので、行きしなはまだ完全に道はつながってませんでした。

IMG_5218.jpg

そうやっ、ええこと思いついた

IMG_5245.jpg

ボリビアの、ウユニ塩湖に行ったつもりでカシャット一枚。
ウユニ塩湖の画像はコチラ

ウユニ塩湖については、こちらの記事もどうぞ。
DIARIO DI GOLOSI 

遠く及ばないか、あははっ

でも、十分美しい景色に癒やされましたよ。

IMG_0599.jpg

途中には、こんな生き物も。

ようやくたどり着いた島、ガイドさんがいらっしゃって、100円で上陸証明書を発行してくださいます。

島内も歩けたようではありますが、、、

IMG_8541.jpg

うかうかしていると潮が満ちてきて帰れなくなっちゃいます。

IMG_4189.jpg

少し休憩し、来た道を戻るのでありました。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png




category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 0

撮影は命がけ!?(2)  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

昨日の続きです。
撮影は命がけ!?(1)

ぬかるみで転び、大型犬に追いかけられ、そうやって辿り着いたのは、、、

IMG_5189.jpg

昔の発電所の跡地。
なんとこの跡地、普段はダムの底に沈んでいます。

IMG_5188.jpg

水量の少ない夏にかけての一時期のみ姿を現すんです。

IMG_5184.jpg

IMG_5193.jpg

IMG_5187.jpg

廃墟で一見荒れているようですが、よく見ると倒壊しないように補修をした跡が。

IMG_5194.jpg

鉄柱で面の部分を支えていたり、

IMG_5196.jpg

ブロックが崩れないようになのか、おっきなホッチキスの跡のようなものも。

思い存分に撮影出来た旦那様、満足したようです。

この時の写真、来月の写真展で見て頂けるかもしれません。
(まだ何を出すのか決めていない様子)

撮影のあとは牛舎の前を息を殺して戻り、着替えたらお待ちかねの腹ごしらえ。

IMG_5197.jpg

”そばじゅい”という、この地の郷土料理なんだそうです。

お野菜や鶏などがいろいろ入っていて、ほっこりやさしい料理でした

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 1

撮影は命がけ!?(1)  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

鹿児島県北部のキャンプ場に宿泊した私たち、翌日は撮影をするためにある場所へ向かいました。

といっても、自分の撮影ではなく、旦那様の作品のための撮影なのですが、、、

IMG_5167.jpg

キャンプ場からもそんなに遠くない、水流豊富なこの場所。
朝ドラ「花子とアン」の主人公の親友、白蓮さんもここを訪れたことがあるらしく、歌碑が立っていました。

さて、用事があるのは滝ではない別の場所、脇道をどんどん進みます。

IMG_5176.jpg

IMG_5174.jpg

古めかしい水路脇を抜けた先で、、、

事件は起こりました

IMG_9586.jpg

この階段の手前を横切ろうとした時、足元のぬかるみに滑って転んでしまいました。

IMG_1273.jpg

その瞬間、スローモーションだったそうです

そして全体重が左手にかかった結果、手首を捻挫してしまいました。
骨にはなんともなかったようなのが幸いでした。
(骨だけは強いんです

気を取り直し、どんどん先へ進みます。
目的地の手前には牛舎も。

IMG_5178.jpg

ところが、ここにはトラップ

牛を守っている大型の番犬が激しく吠えはじめ、こちらへ突進してきます。

奥の日影に潜んでたんですよ。

「わーっ」

と心臓バクバクさせながらとにかく必死で走りました

撮影も楽ぢゃない。。。

しかも、自分の撮影ではなく

そうやって辿りついたのは、、、

つづく。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png



category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 1

サイダーの海!?  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

今回の旅の目的はいろいろありますが、、、
福岡まで、90才になるうみね娘の祖母に会いにいくというミッションがありました。

特に小学生の頃は春休み、夏休みの度に遊びに行っていました。

祖母宅は海のそばにあるため、夏は決まって毎日海水浴
そのためうみね娘の頭の中には、夏イコール海という図式が出来上がっています。

子どもにとって、こういう田舎があるって本当にいいですよね。 
本当に贅沢な経験だったと思います。

IMG_0928.jpg

旅の初日に立ち寄った福岡、台風の影響でフェリーの到着が大幅に遅れましたが、日暮れまであと2時間あります。

急げとばかり、速攻で水着に着替え向かった先はやはりこの海。

やはり海水浴場ではないため、海の家もありませんし、他に泳いでいる人もいません。

貸切りです

IMG_1114.jpg

波は少々高め。
そして、あのオモチャを取り出し、、、

旦那様そっちのけで遊びはじめるうみね娘

IMG_1149.jpg

IMG_1100.jpg

シュワシュワ~
サイダーの中で泳いだらこんな感じ

IMG_0954.jpg

体が冷えてきた。。。
もっと遊びたいなぁ

そう言えば、、、

幼稚園のころ、そうやって駄々こねて粘った結果、くらげに刺されてめっちゃ腫れたことあったな。。。(腫れた痕は、数年間残りました)

ばあちゃんも心配してるだろうし、ここいらで切り上げようっと。

今年の夏、もう一回くらい泳ぎに行けたらいいな。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 0

アート?実は、、、  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

台風が過ぎ去り、無事に九州へ渡れた私たち。
出発日がズレようが、私たちの旅はフレキシブル、あまり影響はありません。

なぜならそれは、、、

テント生活をしているから

予約など気にせずに、好きなところで好きなだけ滞在出来ます。
この自由さと、劇的なコストパフォーマンスが魅力

40近くになってから見つけた楽しみ、大雨なんか降ろうもんなら大変だけど、こんなにはまるとは。

今回は2箇所のキャンプ場にお世話になりました。

最初にお世話になったのが、鹿児島県の北部にあるコチラのキャンプ場。
十曽青少年旅行村 (じっそせいしょうねんりょこうむら)

コテージなんかもありますが、フリーサイトならテント持ち込みで、なんと一晩500円ですよ奥さんっ

環境も抜群でした。

そして、そこではこんなものを見つけました。

IMG_1964.jpg

このような可愛らしいオブジェが3基、並んで建ってます。

横から見ると、、、

IMG_7468.jpg

煙突がついています

そっと表の扉を開けてみると、

IMG_0034.jpg

そうです、実はこれ、五右衛門風呂でした。
上の写真は真ん中の一番大きいお風呂、大人でも入れそう。

外から薪をくべてお湯を沸かすような構造になっています。
(別途薪代200円要)

小さい方は、

IMG_8751.jpg

窓が大きくとられてます。

ほぼ貸切状態だったとはいえ、さすがに下のお風呂には入れないなぁ。。。

というか、こんなかわいいお風呂があるとは知らず、キャンプ場にくる前に入ってきちゃったよ~

静かでとてもいい環境のこのキャンプ場、もしまた来ることがあれば、是非五右衛門風呂にチャレンジしてみたいと思います。

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png

category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 0

船上のスーパームーン  

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

少しご無沙汰しておりました。

皆様お盆はいかがお過ごしでしたでしょうか?
うみね娘は九州へと南下しておりました。

出発を予定していた9日(土)は、奇しくも大型の台風が九州へ向かっておりました。

皆様の地域は大丈夫でしたでしょうか?

前日より天気予報を見て、予約していた船会社へ電話したところ、奇跡的に2席空いており、10日(日)へ予約を変更することが出来ました。

が、、、

自転車並みの速度の台風、なかなか日本海へ抜けてくれず、10日(日)のお昼頃はここ大阪でも避難勧告のメールがバンバン入って来ます。風が強く、買い物にも行けません。

そうこうしているうちに、いつも利用していたH社のフェリーが早々と欠航を決めこみました

今回利用するM社はと言うと、、、

”出航に向けて調整中。南港の避難勧告解除待ち”

となっています。

ハラハラしながら、でも出発出来ると信じて準備をする私たち。
午後3時を過ぎる頃、大阪では雨も止み、陽が射してきました。

そして、午後5時過ぎ、ついに南港の避難勧告が解除になり、前の晩に福岡を出航したフェリーが入港、大幅に遅れて出発出来ることになりました

それにしても、いつも利用しているH社だったら、今回の旅はあきらめなければならないところでした。

いつもはすんなり出来る予約が全く取れず、、、

意味があったのですね~

IMG_7748.jpg

真夜中の明石海峡大橋と神戸。
こんな夜更けに通過するのは初めてです。

IMG_0123.jpg

そして、この日はスーパームーンの満月
午前1時ごろに撮ったので、2時間ばかり早いですが。

毎度のことながら、泊まるところも予約せず、おおまかな行き先しか決めずに出発した今回の旅行。

どんな出会いがあるのかなぁ。
スーパームーンを眺めながら、ぼんやり思いを馳せるのでした

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png





category: ┣ 旅と写真

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。