スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

モノクロームの抒情詩人 マイケル・ケンナ  

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆
作品『空を抱きし者たち』で
ミオフォトアワード・プライム@天王寺ミオに出展します!

DSC_8230.jpg

詳しくはこちら
MIO PHOTO OSAKA 2014

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

ご無沙汰している間、うみね娘は3年ぶりに東京へ行ってきました。

本当は、その連休は鳥取でキャンプ合宿の予定だったのですが、、、
連休中はずっと天気が悪い予報
さすがにこの時期の雨に打たれて野宿する勇気はなく、あきらめることにしました。

実は、鳥取キャンプがお流れになったのはこれで3回目。
4月は旦那様のお仕事の都合で。
10月は台風、そして悪天候の11月

どうしようかと思ったのですが、ちょうど大阪-東京を往復できるマイレージが溜まっていたので、航空券に交換して久々に上京することにしました。

そしたら、なんと

大好きなマイケル・ケンナさんの写真展が2つもやっていて、しかもしかも、無料のトークショーやサイン会があるというではないですかっ

出雲の神様、東へ行くように仕向けてくださったのですね

マイケル・ケンナさんはイギリス生まれの風景写真家で、モノクロームの美しいプリントで世界中の人を魅了しています。

切り取り方がなんと言うか、簡潔で余計なものがなく俳句的。
単なる”柵”の写真でも、ラインが美しい。
同じものを私が見ても、撮ろうとすら思わないかもしれないし、絶対同じようには撮れない。

初めて日本を写した写真を観た時、単なる美しさ以上のものを感じたのを今でも覚えています。

そのケンナさんの作品との出会いは、、、

これまた今回に負けないぐらい偶然の結果で

どうやらご縁があるよです。

確か2006年だったと思うのですが、その週は会議のために東京へ行っていました。

金曜日の晩のフライトで大阪へ戻る予定だったのですが、

「帰る前に一杯つきあえ

という誘惑に負けてつい長居してしまい、なんと、羽田に着いたのが出発時刻の15分前

自分の乗るはずだった飛行機がゆっくりと滑走路に向かい、離陸していく様子を切なく見送りました。

金曜日ということもあり、空席待ちどころか後のフライトはどれもオーバーブッキング。

仕方ないので、腹を括って週末を東京で過ごすことにし、恵比寿にある東京都写真美術館で出会ったのがケンナさんの日本を題材にした展覧会なのでした。

ちょっと前置き長かったですね

次回は今回東京で見聞きしてきたことを投稿しますね

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png


スポンサーサイト

category: ┣ アート・写真鑑賞

tb: 0   cm: 0

私は不感症なおんなっ!?  

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆
ni to oi 2014 Autumn はちかいめ展に参加します!
logo_a.jpg
http://nitooi.hatenablog.com/
☆-----★-----☆-----★-----☆-----★-----☆

こんにちは、うみね娘ことカシャット写真館の野寺です

朝晩めっきりと過ごしやすくなり、店頭には秋刀魚の姿が見られるようになりましたね

さて、私は自己紹介がてら、初めてお会いする方に自分の写真集をお見せすることにしています。
「一目瞭然」、わかりやすいでしょ

以前このブログでも紹介した、写真集『おばぁちゃんち』
数年内には”形”としては失われてしまう、住まい手のなくなったおうち。
遺された友人一家のために、撮影して一冊の写真集に纏めたものです。

お見せしたうちの何人かは、他人のうちの写真であるにも関わらず、ご自分のこととして感じ、涙腺をゆるめておられました。

そのうちの一人が世界を歩く保坂さん、ブログに感想を寄せてくださいました。
DIARIO DI GOLOSI 
2014 / 7 / 3 また会う日まで


ご主人のなおのぶさん、写真集を見て、ご自身のおじぃちゃんのことを思い出されたそう。
そして、おじぃちゃんとの思い出を語ってくださりました。

一方で、同じ写真集を見てもなにも感じない、心に響かない方もおられると思うんです。

でも、私はそれでいいと思っています。

育った環境も、目にしてきたもの、経験してきたものが全く違うんですから

写真を始めた頃、努めて色んな展覧を観に行くようにしました。
最初は、どこをどう見たらいいのかさえわからない。

そして、、、

作品自体、何が言いたいのか分からないっ

何も感じられなかった私は不感症・・・

と悩みながら帰ることもしばしば。
正直、今でもたまにあります

だけど、それはこういうことなんだと思うに至りました。

ある電子ファイルを開くには、必要なソフトがパソコンにインストールされていなければならないのと一緒で、その作品を理解するには自分のなかに”なにか”が必要なんだと。

電子ファイル = 作品
ソフトウェア = ”なにか”


いいとか悪いとかでなく、ただ、ソフトが入っていないだけのこと。

じゃぁ、どうしたら感度を上げられる

それは、色んなものを見たり触ったりインプットをたくさんすることと、出来るだけ色んな経験をしてみることなんじゃないかなぁと思います。

去年よりは今年、今年よりは来年、どんどん感度があがっていっちゃいますね

そうやって、酸いも甘いもいろいろ感じられるのが人生の醍醐味なんでしょうね


DSC_2023.jpg
(はちかいめ展 出展作品 『まなざし 2014』より)

有難うございま~す

<ストーリーフォトブック制作> 
写真で綴るあなただけのドラマチックな写真集!

wadamako_logo_ok_07.png



category: ┣ アート・写真鑑賞

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。